ギャンブルで生活費を使い果たし銀行の自動契約機へと走りました

給料日まであと24日もあるのに手元には現金が1302円しかありません。大好きなギャンブルをしすぎてしまったのが原因なので自己責任とはいえ、これでは小麦粉のみを食べて生活するしか道は残されていないのです。日中、事務作業だからできそうな生活ではありますが、それなりに栄養もとらないとお腹の子どものためにはよくないですよね。旦那にも使い込んだことはいえないため、職場の近くにある銀行の自動契約機で申し込みをしました。その際中、使い方のビデオが流れたので感覚的にわかりやすかったです。ネットでは銀行の審査は最短30分とあったので期待していましたが、ほぼ誤差もなく35分ほどで審査が終わり、お金を借りられました。カードの使い方などは予めビデオで学習していたこともあり、すんなりと操作できて助かりましたね。多少機械音痴だったので最初は不安でしたが、自動契約機にしてもタッチパネルなので誰でも感覚的に扱えたのがGoodです。生活費として6万円借り入れをすることができたので、今後はしばらく大好きなギャンブルは封印したいと思います。これで栄養のあるものを食べて、素敵なお母さんになれるように努力していきます。
お金のない連休は厄介なだけ? 「お金もないし、友達もいない」との嘆きに「休みがあるだけうらやましい」という声も
しかしながら、そんな流れとは一切無縁の人たちも少なくない。4月30日には、ガールズちゃんねるに「9連休、でもお金がなくてどこも行かない人~」というトピックが立っていた。トピ主は「お金のない連休は厄介なだけです」と切り出し、色々な誘いも忙しいと断ったが、本当は死ぬ (続きを読む)