銀行でキャッシングをした時の体験談

銀行でキャッシングした時の体験談です。初めて銀行のキャッシングを利用したのはちょうど1年前になります。住宅ローンが始まったばかりで、生活費のやりくりもまだあまり上手くできませんでしたから、毎月赤字で少ない貯金を切り崩して生活しているような状態でした。そんな時に長女が受験勉強のために予備校に通うことになったのです。毎月の授業料の他に季節ごとの講習費用も必要になり、ますます生活は苦しくなりました。
とはいえ、子供の教育費を削るわけにもいきませんから、銀行のキャッシングを利用することにしたのです。
初めて利用する前に、ネットの利用者の体験談も参考にしました。銀行は大手ですし、体験談の中での評価も上々だったのでキャッシングを申し込むことにしました。
私はパート勤めをしていますので、そのおかげで審査もスムーズでした。
キャッシングの申込みからお金が振り込まれるまでにかかった時間は、本当にあっという間だったと思います。こんなに簡単にお金が借りられるとは思ってもいなかったので驚きました。それ以降、ちょっとお金に困ると銀行を利用するようになりました。
家族にはキャッシングをしていることはもちろん内緒です。銀行の方にも自宅に連絡しないようにお願いしています。

皇族の美術品 相続に莫大な税金がかかるため一部を寄付
皇居・東御苑にある「三の丸尚蔵館」は、昭和天皇崩御後の1989年6月に皇室から国庫に寄贈された美術品を研究、展示するため、1993年に開設された。 天皇陛下がすべての財産を相続すると莫大な税金がかかってしまうことから、一部を寄付したのだ。 「現在では、皇室に (続きを読む)